ひだまりで過ごす。

アニメ・PCゲーム・イベント・ライブなどの話題やレビュー、感想を綴っていくところです。舞台探訪記も書いています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

【聖地巡礼】 ひだまりスケッチ(北海道編第1回) 

もう半年以上経ってしまいましたが、ようやくまとめることが出来たので公開します。

今回は北海道旅行の中で併せて行ったひだまりの舞台探訪です。
小樽や函館など元々観光地として有名なところが多く、観光と舞台巡りを兼ねられるので旅としてもとても効率が良いですね。

そもそも劇中では5月に行ったという設定ですが北海道の3月と5月というのは大分違いがあります。特に富良野なども作中で登場しますが、これらは雪のある時期に観光することは難しく、時間制約も大きいことから今回はそれらはまたの機会に回しました。

ちなみに劇中では小樽(札幌)→道央→函館→(飛行機)の方向でバスで回っていると思われます。ちなみに函館空港からの主な飛行機は名古屋と東京と大阪しかないのでこういうところからもひだまり荘の位置を考えたり出来ますね。


------ 小樽 ------
DPP_0034s.jpg 4-1-23s.jpg
まずはスイーツで有名なルタオ本店。建物は大体一致してますね。
DPP_0035s.jpg 4-1-24s.jpg
続いてオルゴール堂。小樽で一、二を争う観光地です。アスミスもここで買い物をしたと言ってましたね。
DPP_0033s.jpg 4-1-28s.jpg
こちらもお菓子で有名な六花亭。こちらは観光ロードとは逆側にあるので最初あれっ?てなります。
DPP_0031s.jpg 4-1-29s.jpg
隣の海産物店も実際に存在します。
DPP_0029s.jpg 4-1-21_1.png
そして小樽運河。ここは星空のメモリアやアイマスなど他の作品にも出てきます。冬だと運河の様子がわかりにくいですね。
DPP_0030s.jpg 4-1-26s.jpg
ガラス細工店です。観光通りの端にあります。中の様子も左下のような感じできれいです。
4-1-27s.jpg DPP_0032s.jpg
右の写真はアニメでは登場しませんが原作で登場しています。「北プラザ」の看板以外は結構一致度高いです。

DPP_0025s.jpg 3-11s.jpg
おまけ:唐突に3期でクラークのアイキャッチが出てきたのを覚えていたので今回それも一緒に撮ってきました。


------ 函館+α ------
DPP_0039s.jpg 4-2-9s.jpg
函館駅前のモニュメント。ほとんど同じものの作中の角度で撮るのはきつそうです。
DPP_0048s.jpg 4-2-25s.jpg
金森レンガ倉庫群です。道幅が角度に対して結構狭かったので厳しい構図になりましたが、もうちょっと頑張って一致させられたかなと思います。
DPP_0047s.jpg 4-2-10-2s.jpg
こちらは近くのまたもやガラスの工房。作中では沙英ヒロが素晴らしい()形のグラスを作っていたところです。
DPP_0046s.jpg 4-2-14s.jpg
DPP_0055.jpg DPP_0052.jpg
夜景と併せて函館の風景といえばという八幡坂です。よそ見してる間に路面電車が来たりと意外と撮るのに苦労しました。
ちなみにこれと上に写っている赤い車両は、冬もそうですが季節によっては走っていません。またちゃんと乗りに行きたいと思います。
DPP_0045s.jpg 4-2-26s.jpg
こちらは旧公会堂。実際には白く見える部分は黄色なんですね。
DPP_0038s.jpg 4-2-t27s.jpg
そして日本三大夜景の函館山からの景色です。秘境駅に取り残されるという事件があったもののロープウェイの最終便にギリギリ間に合って登ることができました。
DPP_0050s.jpg 4-2-24-9s.jpg
作中で登場した温泉のモチーフになったと思われる旅館があるということで寄ってきました。このすぐ向こうは海です。写真は旅館の方のご好意で撮らせて頂きました。ちなみに男湯は球が2つしかありません…つまり(ry。

DPP_0044s.jpg 4-2-15s.jpg
ここからは函館から数キロ離れた五稜郭です。写真は五稜郭展望タワーですが上に登るのは有料です。
タワーの部分はもっと高いので作中のようにとるのは無理ですねw加えて逆光という。
DPP_0040s.jpg 4-2-23s.jpg
土方歳三もちゃんといます
DPP_0041s.jpg 4-2-21s.jpg
DPP_0054.jpg DPP_0053.jpg
DPP_0043s.jpg 4-2-20s.jpg
ガラスの上にもしっかり載ってきました。作中のように端にある訳ではありませんでしたが概ね一致しています。もちろん落ちることもなく下からスカートを覗かれることもありません( 
DPP_0042s.jpg 4-2-17s.jpg
4-2-17-2s.jpg DPP_0036s.jpg
この売店もほとんど実際と同じです。みやちゃんやのりちゃんの「おなまえスプーン」は置いてなかったです。
さて右は登別の温泉になります。沙英ヒロ一行が泊まった場所の一つです。ちなみにもう一箇所は函館にあり、こちらも確認しに行きました。そちらは高級旅館なので泊まる機会はないでしょう(
DPP_0037s.jpg 4-2-0s.jpg
作中の角度で撮るには近くの小山に登る必要があるので旅行客は撮ることは出来ません。登別の駅に公式の看板がありますが、これを参考にしたのでしょうか。
DPP_0051s.jpg 4-2-1s.jpg
室蘭本線沿いの国道を走っているとこの強烈な建物があります。写真のように列車からもちらっと見ることができます。


今回は以上になります。量が多いのでひだまり関連のものも全ては載せられませんでしたが、DTBなど他の作品のものはまた別に記事を作りたいと思います。ゆっくり時間を撮れたこともあり、この旅行は非常に充実したものになりました。しかし上にも書いたようにまだ行けてないところもあるので、また来年のの夏にでもまた北海道へ行きたいと思います。



※比較を目的に作品中より画像を引用しています。これらは全て記述の権利者に帰属します。


スポンサーサイト
( 2013/12/04 01:10 ) Category 聖地巡礼/舞台探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sahimitu

Author:sahimitu


更新予定
・ひだまり巡検北海道編
・ひだまり巡検都内編
・武蔵野の舞台探訪
・マブラヴライブレポ
・その他
Twitter
検索フォーム
最新トラックバック
カウンター


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。